28 ビジネスパーソンが増量するなら、 急激な体型の変化に要注意!

 ビジネスパーソンが増量するなら、急激な体型の変化に要注意!

ここまで、減量期の食事法について説明してきました。
続いて、増量期の食事の仕方について解説して行きます。

増量の方法には次の3パターンがあります。

(1)リーンバルク
(2)クリーンバルク
(3)ダーティーバルク


(1)の「リーンバルク」は摂取カロリーを1日何カロリーと決めて、その範囲内であれば、脂質だろうが糖質だろうが何を食べてもいいというものです。

設定カロリー内なら、ジャンクフードや甘いものもOK。
カロリー制限はありますが、食べてはいけないものがないのでストレスがない(ただし脂肪を好きなだけとると、あっという間にカロリーオーバーしてしまうので注意が必要)。



(2)の「クリーンバルク」は、カロリー制限はないですが、脂質を控えて、タンパク質と糖質をたくさんとる方法です。
ジャンクフードや揚げ物は禁止。
でも糖質をたくさん食べるので、体脂肪は若干、増えやすい。


(3)の「ダーティーバルク」いっさい何も気にせず、ただ腹いっぱい食べるというもの。
30代以上は後の減量期に脂肪を落としにくくなるので、ダーティーバルクができるのは20代までだと思います。


 

▼ビジネスパーソンには「リーンバルク」がおすすめ

この3つのうち、ビジネスマンの方に最もおすすめなのは「リーンバルク」だと
思います。

リーンバルクにはカロリー制限があるため、増量期であっても体型が崩れにくく、スーツを買い替えたりしなくてすみます。

また、急激に太ると、印象が悪くなったり、久しぶりに会った取引先に驚かれたりするが、このリスクも回避できます。


また、食べ物に制限がないため、カロリーをコントロールできていれば、食事を
選ぶ手間と時間を省くことができます。



★POINT 増量は筋肉をつける効率的な手法。