40 私、谷川の1日の「食べる筋トレ」スケジュール

私、谷川の1日の「食べる筋トレ」スケジュール

ここで、「食べる筋トレ」のイメージを持ってもらうために、私の1日の食生活を紹介しておきます。
といっても私の真似をしてほしいわけではありません。
あくまでも参考として挙げるだけです。


 

▼平日は、朝5時半から食べる・食べる・食べる

まず平日はいつも朝5時半に起きます。

起きたらすぐに歯磨きとうがいをして、500ミリリットルの水とグルタミンのサプリを飲みます。


そして前夜のうちに準備しておいた、プロテイン30グラムを300ミリリットルのオレンジジュースで割ったものを飲み、そしてバナナ、おにぎりと、糖質を中心に食べます。


本当はプロテインジュースだけでもおなかがふくれるのですが、これからトレーニングをするので、その前に体を「エネルギーたぷたぷ」の状態にしておくためです。


それから血流をよくするサプリを飲んで、7時からジムに行き、1時間トレーニングを行います。
トレーニング直後には、スポーツドリンクやバナナで糖質を入れます。
意識して糖質をとるのはここまです。


帰ってきたら、グルタミンのサプリとプロテインを飲み、シャワーを浴びて、そこではじめて肉を食べる。
鶏ムネ肉とサーモン、玄米、豆腐、納豆、ブロッコリーが2度目の朝食です。
「朝っぱらから、こんなにたくさん!?」と驚くかもしれません。

 

しかし、ここまで大量に食べるのは朝のみ

昼と夜は職場である「筋肉食堂」で食べるし、ボリュームのある食事はなるべく朝にとるようにしています。


ちなみに、昼食は、「鶏ムネ肉のソテー」と玄米、卵白。
夕食は「牛ヒレ肉のステーキ」と玄米、ブロッコリーといった感じです。

その他に、間食に「追いタンパク」としてプロテインなどのタンパク質をとっています。


寝る直前はプロテインを飲むだけで、あまり食べないようにしています。
夜、眠っている間、体は体温維持くらいしかエネルギーを使わないので、晩ごはんで食べたものは脂肪になりやすいからです。


 

▼土曜日の夜は好きなものを

以上は平日の生活パターンで、土曜の夜はお酒も飲むし、好きなものを食べるようにしています。
先ほど述べた「チートデー」としての1食です。

これがあるだけで、減量期でも相当ストレスを減らすことができます。
そして日曜日からまた、普段の食事に戻すのです。

 

★POINT
「朝>昼>夜」の順に食事のボリュームを減らすのがコツ。